「もう戻らない」の歌詞 木根尚登

1993/7/21 リリース
作詞
北井いずみ
作曲
木根尚登
文字サイズ
よみがな
hidden
きみていった
ドアをながめて
ただぼんやり
いろんなことかんがえていた
おもいでばかりが
あふれる部屋へや
ゆっくりと時間じかんだけが
いろをなくして
わざときずつける
言葉ことばえらんで
ただ自由じゆう
なりたかった
きみゆめぼくゆめ
かさねてみてたころ
むねなかをかけぬけてく
もうもどらない
いそがしさにながされてた
やさしくなれなかった
きみのせいとおもんだ
もうもどらない

らした
ぼくつめて
元気げんきで」とつぶやいた
きみちいさくて
りはじめたあめ
かさたずに
ゆっくりとけて
きみてゆく
きっと いますぐに
きみいかけて
きしめれば
もどれるのだろう
ふるえていたきみかた
いとしくかんじたけど
じたドアをつめたまま
うごせない
退屈たいくつだとぼやいていた
大切たいせつだった日々ひび
おとててくずれてゆく
もうもどらない

きみゆめぼくゆめ
かさねてみてたころ
いまとお過去かこわる
もうもどらない
たよりなくてせつなすぎて
きみきしめたよる
むねなかこわれてゆく
もうもどらない
きみゆめぼくゆめ
かさねてみてたころ
いまとお過去かこわる
もうもどらない