1. HANABI ~8月の日~歌詞

「HANABI ~8月の日~」の歌詞 未来-MIKU-

2003/7/30 リリース
作詞
高柳恋
作曲
酒井ミキオ
文字サイズ
よみがな
hidden
をつないだらココロがふるえた
まっすぐ視線しせんわせられずに
あの夏草なつくさのむせかえにお
蝉時雨せみしぐれがうるさかった 8月はちがつ

はかなくれる陽炎かげろうけてく きみが
ゆめじゃないことねがったんだ

ぼくたちはきる意味いみなどわかるほど利口りこうじゃなくて
いつもなにかこるたびにただとまどうけど
夕立ゆうだち地面じめんたたおとでかきされた きみの
あのひとこと わすれないよ ココロに傷跡きずあとみたいに

まどのりこえてよる公園こうえん
ベンチにかくれてわしたキスに
じたこといまもおも
げたようでくやしかった なつわり

ずっとえない花火はなびなどキレイじゃないと
きみは未来みらいてたね

さよならがおとずれたとき ぼくたちは ふたりわらった
えるものがきゅうにぜんぶいろあせてくから
こいよりも大事だいじなものはきみといた すべての時間じかん
半分はんぶんずつってこう はるかな このみちさき

ぼくたちはきる意味いみなどわかるほど利口りこうじゃなくて
いつも なにかこるたびにただとまどうけど
夕立ゆうだち地面じめんたたおとでかきされた きみの
あのひとこと わすれないよ ココロに傷跡きずあとみたいに