「パンドラ」の歌詞 杉恵ゆりか

2014/8/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇねぇ いまから たのしいことしよう
ドキドキのむこう のぞいてみようよ

人目ひとめ ぬすんで くちづけたりして
ためらわないで のがしてしまうわ

シゲキがなくちゃ コウフンしてなきゃ
あたしは なにを あせってんだろう

ことばより さきに ふれてしまった
うまく わらえなくなっていった
しあわせなのに ひとつ りない

おく ふかく とじこめた 感情かんじょう
それが なんなのか しっていた
くちせば おわってしまいそうで

あたしとあなた カラダが あついよ
なにが おこるか 予感よかんしているね

シゲキは つよめ ちょうどいいのよ
くるっていないと いちゃうから

なさけないくらいに つよがっては
さみしくないと うそぶいてた
すなおになれず ときは すぎてく

あなたの やさしさを つっぱねた
みえない あしたに おびえていた
たいせつなもの うしなってしまうわ…

てねこのように よりいあって
だれに ジャマされることも ない
ふたりだけの 世界せかいへ たびようよ

ねぇ きいて あいしてるよ
ほおに かすめた ふるえるこえ
完全かんぜんに フタは あいてしまったね

どんなに いたみを おぼえていても
めばえた このあいは ほんものよ
いつか えてしまうとしても
きしめるよ

きずついても いいの