1. 1996年の玉手箱歌詞

「1996年の玉手箱」の歌詞 杏里

1996/7/29 リリース
作詞
YUKINOJO MORI
作曲
ANRI
文字サイズ
よみがな
hidden
図書館としょかんかべをもたれ
木漏こもなかわたしってた
ろくすっぽ授業じゅぎょう 顔出かおだしさず
あやなバイトしてた あなた

かなうはずなどないゆめ
りもせずに かたるようなひと
なぜこいなんかしたのか
もうわすれていたけど

むね玉手箱たまてばこ
いまひらくと かがやくものがある
それは永遠えいえん
きずつかない あなたのスマイル

友達ともだちいて ってたわ
ネクタイをしめて つとめていること
いそがしい日々ひびかされて
きらってもみんな 大人おとなになる

昨日きのうもらった電話でんわ
なつかしくて こえふるえたの
でもわないわ わたし
あののまま いさせて

むね玉手箱たまてばこ
ときてば なみだ宝石ほうせき
どんな現実げんじつ
ゆめてた二人ふたりよごせない…
かなしいよるには けてみる
玉手箱たまてばこ

微笑ほほえみあうの 二人ふたり
とお場所ばしょに いるけど

むね玉手箱たまてばこ
いまひらくと かがやくものがある
それは永遠えいえん
きずつかない あなたのスマイル

むね玉手箱たまてばこ
ときてば なみだ宝石ほうせき
どんな現実げんじつ
あのゆめ よごせないわ

むね玉手箱たまてばこ
いまひらくと かがやくものがある
それは永遠えいえん
きずつかない あなたのスマイル