1. 秋色協奏曲歌詞

「秋色協奏曲」の歌詞 東京パフォーマンスドール

2015/3/1 リリース
作詞
神野々子
作曲
藤木和人
文字サイズ
よみがな
hidden
黄金色きんいろポプラのした 彼女かのじょかぜている
だれにもせたことのない あおざめた横顔よこがお
まるでちがひとみたい

ジェラシーかんじるほど かがやいていたから
なにらず 彼女かのじょ微妙びみょうなディスタンス

秋色あきいろ協奏曲こんちぇると ちいさくこえる
こころおくのほう ているがして

ほんとの自分じぶんのこと せるの苦手にがてだから
いつもフェンスでガードしてる かなしいときには
かぜはなすことにしてる

素直すなおになれるひとに どこかあこがれても
視線しせんはずし 彼女かのじょ微妙びみょうなディスタンス

秋色しゅうしょく協奏曲こんちぇると ちいさくこえる
ひとりとひとりたち ているがして

どのくらいポプラのしたときてたのかな
やさしい気持きもちが すこしずつひろがってる

なんだか 不思議ふしぎだね ふたりでいること
秋色しゅうしょく協奏曲こんちぇると ちいさくこえる
秋色しゅうしょく ちいさくこえる
秋色しゅうしょく ちいさくこえる