1. 二股の女歌詞

「二股の女」の歌詞 東京プリン・シルヴィア

1999/3/31 リリース
作詞
伊藤洋介
作曲
牧野隆志
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもしタケシ
電話待でんわまっていたのよ
ごめんないつも
いそがしくてえなくて
そうよ毎日まいにち
仕事仕事しごとしごとえない
ほったらかしに
してたら
浮気うわきしちゃうわよ
仕事しごとよりも
まえ大事だいじ
わたしもそう
タケシしかいないの
ごめんね
キャッチがはいった
もしもしイクオだ
あっイクオ
電話待でんわまってたどこにいるの
いつもの小川軒おがわけん
なにやってんだ
イクオがって
くれないからいえにいるよ
たりまえだケリーバック
いくつやったとおもってんだ
アパガードも1年分ねんぶん
おくってやったし それに
あっごめん
いま 電話中でんわちゅうなんだ
だれとしゃべってんだ
かあさんよ
わるいとおもって
つづけちゃう
どっちもきなもの
しょうがない
ばれなきゃ大丈夫だいじょうぶ
って
そんなわたし
二股ふたまたおんな
もしもしタケシ
今度こんどはいつえるの
今週こんしゅう土曜日どようび
クラブMにでもいこうか
わせ いつもの
スペインざかのカフェね
土曜どようまでてない
いますぐにでも
いたいわ
わがままうなよ
さすがBがただな
タケシなしでは
もうきていけない
ごめんね
だれたみたい
あれっイクオ きゅう
ちゃってどうしたの
ちゃわるいのか
ほら みやげ
いつもの点々てんてんのギョウザだ
るんだったら
連絡れんらくくれればいいのに
なんおれがいちいち
連絡れんらくしなきゃ
ならないんだ あがるぞ
ちょっとって
どうしたんだ
ごめん部屋汚へやきたないから
そうだな おれ
きれいきだからな
わるいのは全部ぜんぶ
わたしなの
あたまなかでは
かってる
おとこのジェラシー
あやつって
そんなわたし
二股ふたまたおんな

ごめんねタケシ
またあと電話でんわする
こんな時間じかん
だれたんだよ
ピザ宅配たくはい
すこまえたのんだ
いえにある
赤玉あかだまポートワインと
ピザがうのよ
かったおまえ
しんじているよ
わたしはあなたと
ワインがあればいいの
わたしはイクオがきよ
えっイクオ
おれはタケシだ
イクオってまさか社長しゃちょう
えっ うそ
もしもし もしもし
ごめんねった
部屋綺麗へやきれいにしたから
あがってタケシ
えっタケシ
おれはイクオだ
タケシって
あの野郎若やろうわかおんな
ワインばっかりんで
ちゃらちゃらしてると
おもったら ひとおんなにまで
手出てだしやがって
女心おんなごころ
理屈りくつじゃない
タケシもイクオも
きだもん
おや友達ともだち
らないの
そうよわたし
二股ふたまたおんな
いいえわたし
二股ふたまたおんな
そんなわたし
二股ふたまたおんな