「かつては男と女」の歌詞 東京事変

2011/6/29 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
浮雲
文字サイズ
よみがな
hidden
さざめくあおさのさかり、まるすべくてめぐ季節きせつ
先取さきどりしていた。またたわかさもわり。「この侭昔ままむかしのよ
うに・・」そらながめてたいとおもって見上みあげる。
ひとのない湿しめった目抜めぬどおり。夕涼ゆうすず視線しせんがし
ながら「おたがけたね。」と、貴方あなた表情かお子供こども
のようで、あどけなく八重歯やえばのこす。見慣みなれれた笑顔えがおその
口元くちもとへ、一度触ひとたびふれれば二人再ふたりふたたはじまりそうで、かた
にぎめている。一言漏ひとこともらせばわり。「この侭昔ままむかし
のように・・」まちまぎれてたいとおもって
む。