「手紙」の歌詞 東京事変

2006/1/25 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
伊澤一葉
文字サイズ
よみがな
hidden
前略ぜんりゃく
貴方あなた今日きょう、そのかくしてもわりにひとみなにかをらえ、ひとりでにまたまされて
あたらしいちからたずさえるでしょう。確信かくしんつのは当然とうぜんなこと、何故なぜなら。あー貴方あなたはもう群青あおさに
あまえずにもどらないみちえらぶとっている、わたしももういきらさない。うつくしい貴方あなた決断けつだん
がため。
大人おとなになった私達わたしたちには何時いつでもこたえがるんだね。「こわい。」と、まどっているにも生命いのちは、
えてしまう。
いのっているよ。貴方あなたいろが、どんなにひどよどんだってわらないさ。つたえたこと、はるとお
方位ほういうしなっても、どうかおぼえていて。
わたしはずっとうたっている。

むかしはもっと、季節きせつ速度そくどおそおもえていたのに。近頃ちかごろなんだかはやくなるみたい。
すべきことが山積やまづみになる。
大人おとなになった私達わたしたちには今直いますこたえがしいよね。途中とちゅうまよっているにも、生命いのち芽生めばえる。
ねがっているよ。貴方あなたゆめは、どんなににご世界せかいだってこわせないさ。のぞんだまますすんで
方位ほういあやまったら、そっとおもして。

追伸ついしん
背負せおってもつぶされないのは、今日きょう貴方あなたきているとしんじていて、うたがわずにいるからな
んだよ。(ほんの些細ささい理由りゆう)どうかお元気げんきで・・・。