「生きる」の歌詞 東京事変

2010/2/24 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
伊澤一葉
文字サイズ
よみがな
hidden
からだこころとが、はなれてしまった。居直いなお生命いのちよ。
うつつゆめ往来おうらい途中とちゅうで、居堪いたたまれない過去かこども此処ここえろ。
(木枯こがらし喧噪けんそう二人紛ふたりまぎんでいたらば、如何どうしてたがいを見出みいだせようか。)
とてもかなわない。見分みわけがつかない。わかかりしべてをにぎった
草臥くたびれてる。
ああ・・・たされないで、らないで、けるかげうつくしさよ。みなまで
うな。あこがつづけていたはずの、孤独こどく自由じゆうくびめる。
なんてこのてしないのだろう。

言葉ことば感覚かんかくが、むすばれぬまま。居直いなお生命いのちよ。
うつつゆめ反芻はんすうかえていで、よしもない未来みらいごと此処ここせろ。
(新緑しんりょく平穏へいおんにただ足立あしだっていたらば、あらたなおのれ出会でくわせようか。)
最早何もはやなにぶん諸々もろもろきてる。
ああ・・・とらわれないで、わないで、為遂しとげるひかりのしなやかさよ。いたらなか
った。きらつづけていたはずの、無欲むよく空虚むなしさむねめる。
なんてこのたよりないのだろう。
あまりになにい。