「禁じられた遊び」の歌詞 東京事変

2011/6/29 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
伊澤一葉
文字サイズ
よみがな
hidden
かんじているっている
頬杖ほおづえかたむいて
横顔よこがおつかまえている
一層いっそうひとおもいにさあ
うなずいていて
手前てまえ弁別わきまえちゃ
期待きたいくだけるわ

噫視ああみているしている
眼差まなざしが微笑ほほえんで
こののどゆわえている
一層いっそうひとおもいにさあ
つらぬいていて
奥歯おくば躊躇ためらっちゃ
気管きかんくびれるわ

宵闇よいやみ片袖かたそで露玉匿つゆだまかくまった
これまでもこのさきも
あなたは一人ひとりしかないの

噫聴ああきこえるはっしている
口振くちぶりははなやいで
このみみそばえている
一層いっそうひとおもいにさあ
あざむいていて
黒眼くろめ狼狽うろたえちゃ
鼓膜こまくこわばるわ

雨音あまおと襟足えりあしわずかな言葉奪ことばうばってった
どうしてもいますぐに
あなたを滅茶苦茶めちゃくちゃにしたいの

かぎりある時間とき
さかさにかぞえて
はなれられない
孤独こどく際立きわだつのに

かわいた侭黙ままだまって寄添よりそかさだけにえてる
れた二人ふたり前途さきのこされた結末けつまつならば

初風はつかぜいたさみだがみもてあそんだ
ほんとうならおしみなく
あなたをひとめしたいの