「黒猫道」の歌詞 東京事変

2007/9/26 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
伊澤一葉
文字サイズ
よみがな
hidden
退いた退いたほーらオレサマのおとお
ぼく闊歩かっぽしつつとなえている「くろいのは条件反射じょうけんはんしゃ
えるものか今日きょうもまるで無勘定むかんじょう
ケモノにされてもいからかまうなよ人間関係にんげんかんけい

まってぜられるのも
自動車警笛クラクションらされるのも
ぐせで尻尾しっぽつかまれるのももう毛頭堪忍もうとうかんにん
だれってないみち
頭一個あたまいっこせまさで
くろくなって人目ひとめかぬようにさあいそいでいそいで

まえいたら後退不能こうたいふのうなのだ
ぼく譲歩じょうほしつつかまえている「くろいのは防衛本能ぼうえいほんのう
えるものか今日きょうもまるで不干渉ふかんしょう
ケモノにされてもいからかまうなよ人間関係にんげんかんけい

つめたくてもおおきなけもの
吐息といきあたたかいもの
かれ等:ら}をしょくさぬぼく臆病者おくびょうものなんてうな
さかなっぱできられる
無駄むだ殺生せっしょうけていける
四六時中喪しろくじちゅうもふくなみだ信心者しんじんもん

退いた退いたほーらオレサマのおとお
不吉ふきつ。”と、きらわわれて丁度好ちょうどい
かまうなよ人間関係にんげんかんけい