1. ヒマワリと星屑歌詞

「ヒマワリと星屑」の歌詞 東京女子流

2010/10/6 リリース
作詞
黒須チヒロ
作曲
Quadraphonic
文字サイズ
よみがな
hidden
のひらはれるヒマワリ
える太陽たいようにかざそう
このキモチは永遠えいえんだから
そらいっぱいにかせよう

最初さいしょから全部ぜんぶ 上手うまくゆくことわるくはないけど
なやんだりもして なみだをするのも 意味いみがあるんだね

ほら ためらわないで そばにいるから

のひらはれるヒマワリ
える太陽たいようにかざそう
このキモチは永遠えいえんだから
そらいっぱいにかせよう

子供こどもでもなくて 大人おとなでもなくて どちらでもなくて
そんなことよりも つぎ日曜日にちようび れたらいいよね

いま かんじてること つたえたいから

ときめきはひか星屑ほしくず
やがて想像そうぞうえる
かけがえない瞬間しゅんかんだから
いつまでもわすれないよ

さびしくて不安ふあんだれかの声聞こえききたいよる
ちゃんとつながっている ひとりじゃないから
まぶしさにつつまれ そっとひとみじれば
あざやかによみがえ永遠えいえん記憶きおく

のひらはれるヒマワリ
える太陽たいようにかざそう
このキモチは永遠えいえんだから
そらいっぱいにかせよう

ときめきはひか星屑ほしくず
やがて想像そうぞうえる
かけがえない瞬間しゅんかんだから
いつまでもわすれないよ