「君と海へ」の歌詞 東京60WATTS

2010/1/27 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ出会であってから2度目にどめなつるね
去年一緒きょねんいっしょったうみ記憶きおくをたどろうか

しまつづ一本道いっぽんみち ふたりならんでわた
あせばんだ潮風しおかぜかわかしてはつないだりして

すこぎた前髪まえがみかく
ちっともおかしくないよ こっちをいて

どこまでもそらたかく どこまでもうみひろ
我慢がまんできずにきついたのは きみだったね

さらに記憶きおくをたどれば 雨降あめふりの月曜日げつようび
なつわりの国道134号線沿こくどういちさんよんごうせんぞいのみせ

うつむいたままのきみには ほんとうの彼氏かれしがいて
それをいたぼくはついみだしてひどいことったね

ソーダすいあわかんではえてった
けたぼく言葉沈ことばしずめたまま

どこまでもそらくらく どこまでもうみさわ
涙浮なみだうかべてかおげたのはきみじゃない ぼくだったんだ

今朝君けさきみかおひさしぶりにつめたがするよ
すれちがいがつづ日々ひび きみゆめてた

わりゆく日々ひびなかわらずにいたいけれど
気持きもちはなぜかはなれてく 仕方しかたないのかな

あの日見ひみそらあおそらえがうみあお
ふたりでながしたなみだあせなつにおいをわすれないでいたい
きみもそうだろ?

きみってから2度目にどめなつるね
去年一緒きょねんいっしょったうみ記憶きおくをたどろうか