「夏は終わりぬ」の歌詞 東京60WATTS

2010/3/24 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
なんだかめっきりすずしくなると はしゃぎまわっていたなつ
ぬけがらみたいににぶらがる よるえるから風邪かぜひかないように
たのしいことばっかりないさ わらってられるくらいの毎日まいにちわり
半袖はんそででいられなくなったぼくらは そろそろかさなやんだりする
わらってばっかりいたなつを あっというみじかいあのなつ
とおとおそらかぶなつを ヒマワリにもれたなつ

花火はなびがふたりをらしたりする かぜがふたりをばす
ちいさなむねうでにからませる そっとみみたぶにはなれる
きみのことわすれちゃいないさ そのかみ上目うわめづかいの生意気なまいき視線しせん
うろたえるぼく無邪気むじゃきわらこえのひらを湿しめらせるあせいろ
なにわらない毎日まいにちきみのことをあらながしてくれる
そら真夏まなつ夕暮ゆうぐれのあめ ヒマワリがうなだれてれてた

たのしいことばっかりないさ わらってられるくらいの毎日まいにちわり
半袖はんそででいられなくなったぼくらは そろそろかさなやんだりする

あらった髪束かみたばねるきみくびすじになつにおいがのこ
ぼくひとり頬杖ほほづえついてねむ

わらってばっかりいたなつを あっというなつ
とおとおそらかぶなつを ヒマワリにもれてなつ
わらってばっかりいたなつ