1. 夕映えのシーン歌詞

「夕映えのシーン」の歌詞 東京60WATTS

2010/1/27 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
じるとかんでけるとえてしまうものってなんだ
まぶたのうらのこった記憶きおく鮮明せんめいうつしてくるんだ

駅前えきまえのバスロータリーでずっと停止ていししていたぼく
ようやくすすみだしたんだ それぞれのさきえらんで

最後さいごきみはなんてっていたの
ぼくこわくてみみふさいでたんだ
雑踏ざっとう中消なかきえていく背中せなか映画えいがのワンシーンのようにながめてた

えないはずのためいきがはっきりとしろえるようになった
こころ内側うちがわまで見透みすかされてしまう そんな季節きせつたんだ

いつもつながっていた右手みぎてつめたくなってポケットのなか
きみ左手ひだりてれる れたそら背景はいけいうつして

最後さいごきみはなんでいていたの
ぼくはずっとしたいていたんだ
足元あしもとちたシミがひろがってくのをぼんやりてた

きみくちびる何度なんどはなれたりくっついたりする
まぶたのうらのフィルムがまわりすぎていてきそうだ

最後さいごきみはなんてっていたの
ぼくこわくてみみふさいでたんだ
雑踏ざっとう中消なかきえていく背中せなかはまるで映画えいがのワンシーンのように

あのとききみいてたはずなのに
わらったかおうつんでくる
ぼく中消なかきえない記憶きおくじるとかんでくるんだ