1. 明け方の街歌詞

「明け方の街」の歌詞 東京60WATTS

2010/1/27 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
さっきまでずっとそばにいたのに
しろかお うすれてとお
おともなくはしぎてくスクーター
やすみなく信号機しんごうきあかまどめて

がたまち 見下みおろすぼくはまだゆめなか
地平線ちへいせんこうであさねた

どこにいるかな? ふわりと西にしそら
いつかった東京とうきょうタワーのてっぺんでひとやすみ
そこにいたのかい? すぐにつけたよ
あわそら、ぽつんとひとりきり

あんなになが時間じかんいたから
らかったまま あし
わらごえ部屋中へやじゅうころがって
いくつものほこりもれてとおのいていく

がたそら 見渡みわたしながらおおきく深呼吸しんこきゅう
地平線ちへいせん始発電車しはつでんしゃがなぞるころ

やっと気付きづいたよ きみのわすれもの
あのあげたほしのロケット げた夏祭なつまつ
きみがいなくてもぼくなら平気へいきだよ
かすそら、ぽつんとひとりごと

かぜにぶらがるカーテンがひかりにゆらされて もうあさだね

きみいまごろどこにいるんだろう?
東京とうきょうタワーさえ もうえないとおまち
次第しだいそらいろしていく
きみ気配けはいえてしずんでいく

どこにいるかな? ふわりと西にしそら
いつかった東京とうきょうタワーのてっぺんでひとやすみ
わらってるかな? それともいてるの?
あおそら、ぽつんとひとりきり
そこからぼくててよ