「春夏秋冬」の歌詞 東京60WATTS

2008/5/21 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
ほんのすこながきすぎました
ガードレールにしのはる気配感けはいかんじるあさ
つらみてそっとまちるのです

さきほどは失礼しつれいしました
怪訝けげんかお突風とっぷうなつにおいをはこんでくるので
あせまぶたにそっとをかざすのです

伽藍がらんとしたそら中層ちゅうそう銀杏いちょうみだれるころ
さびしいあききらいですかと
ゆっくり何時いつにかほほあかあかめるのです

バーボンにこおりかべてそのいろうすめていく
なにかさっきからしらけたふゆだけど
カランコロンとひび雰囲気ふんいきったふりをするのです

サヨナラきみ背中せなかにはぼくのカゲがうつってる

はやいもので一年過いちねんすぎました
らないうちにとしきみのことをおもしたくなったので
りたまんまのレコードをぼく部屋中探へやじゅうさがすのです