「虫ケラの唄」の歌詞 東京60WATTS

2010/1/27 リリース
作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄
文字サイズ
よみがな
hidden
オイラむしケラ ひかりさない地下室ちかしつ
がな一日いちにち ケラケラわらってる
あさからばんまで ばんからあさまで
人目ひとめにつかないとこでいずりまわってる

つらい現実げんじつに くじけそうなこともあるけど
者同士肩寄ものどうしかたよってかろうじてきているんだ

こんなオイラにもゆめがあるのさ
はやくここからして
日様ひさまひかり いっぱいにびて
いとしいきみとひなたぼっこしたいのさ

オイラケガラ 地下ちかこもってたら
あのとのカンケーが ガラガラくずれてく
うつろいはげしい世界せかい 女心おんなごころあきそら
ふゆせずに はるなんてやしない

いておくれよ かなしみのさけごえ
むしケラにはむしケラにしかうたえないブルースがあるんだ

こんなオイラにもゆめがあるのさ
ロックンロールかきらして
日様ひさましたちくたびれている
退屈たいくつきみのハートをノックしたいのさ

カラ元気げんきじゃ ながくはつづかないだろう
べたのしたでノー天気てんきじゃ むしでもいてきそうだ

どうしたら地上ちじょうがれるだろう
ひかりおがめるんだろう
むしケラにだって五分ごぶソウルがあるのさ
一寸先いっすんさきやみからけダッソウ

こんなオイラのゆめをかなえるときが
ひかりおもいっきりびて
いとしいきみうばったやつをぼっこぼこにするのさ
きみのハートをいまノックアウトするのさ