1. 愛をもっと歌詞

「愛をもっと」の歌詞 東方神起

2014/3/5 リリース
作詞
Katsuhiko Yamamoto
作曲
Katsuhiko Yamamoto
文字サイズ
よみがな
hidden
もし世界せかいぼく一人ひとりだけだったとして
このおもいは どこにながれどこに辿たどくの?
もし世界せかいぼく一人ひとりだけだったとして
いまここで ぼくだれのためにわらけばいいの?

よろこびもいたみさえも かちってあいづいた
きみのためにきることで ぼくのすべてが意味いみった

あいをもっと あいをもっと あいをもっと ここにんで
かなしいこと うれしいこと すべてのこと つながるように
にぎって つないで きみがもっと わらえるように
この世界せかいまれてきて かったねとえるように

もしこのさき きみ一人ひとりにさせてしまっても
ぼくこころが どこかえてしまうわけじゃないよ
もしこのさき きみ大事だいじなものを見失みうしなっても
そこにまだある ぼくあいづいてほしい

しんじたこと ちかったこと ねがったこと きみへのすべ
かぜせて未来みらいはこぼう きみれるまで

あいがずっと あいがずっと あいがずっと ひびくように
きみこえぼくこえ二人ふたりこえ かさねようか
あめにも あらしにも つらときけないように
この世界せかいのどこまででも このあいとどくように

かたちあるものはわり おおくがいろあせても
ぼくがここにきた きみとの日々ひびえない

あいをもっと あいをもっと あいをもっと ここにんで
かなしいこと うれしいこと すべてのこと つながるように
にぎって つないで きみがもっと わらえるように
この世界せかいまれてきて かったねとえるように