「ハンカチ」の歌詞 東真紀

2005/2/16 リリース
作詞
東真紀
作曲
東真紀
文字サイズ
よみがな
hidden
部屋へやでひとり目覚めざめた 週末しゅうまつはかなしくて
しらんでゆくカーテンのいろ つめてる
こいわることなんて めずらしくもないけど
ふとしたとき かみでてく あのなつ

なみのようにふかみこむあなたの笑顔えがお
写真しゃしんもプレゼントもてたのに いまもおぼえてるの

なみだはもうながせないよ さよならをくちにしたから
だれと どこで なにをしてるの?
きたくても 二度にどけない

ふゆそら高過たかすぎて 街路樹がいろじゅがつぶやいて
りないものが そこにあること づかせてる

右側みぎがわにいつもあなたがたの かぜのように
不思議ふしぎおこったかおはどれひとつ おもさないから

なみだはもうながせないよ あんなにこまらせたよる
あさひかりらされながら ドアをけたあなたをたから

あのときくれたハンカチを 手放てばなたとしたら
だれもいない部屋へやちいさく”ありがとう”っていつか
わせて