1. 赤い自転車歌詞

「赤い自転車」の歌詞 東真紀

2005/2/16 リリース
作詞
東真紀
作曲
東真紀
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼけまなこで をみがき
着替きがえをすませたなら
ぐせなおして 足早あしばやいえ

サビれた自転車じてんしゃあさ風吸かぜすいこみ
いつものバスにられ
巨大きょだいなビルなら狭間はざま今日きょうもどうにか
りんとしてっています

それでも時々ときどき あなたをおも
涙流なみだながしても かまいませんか
そして明日あしたはまた 渦巻うずままち
わたしきてゆきます

わたし右手みぎてがあなたの左手ひだりて感触かんしょく
わすれられずに 度々たびたび おもしてる

サビれた自転車じてんしゃよるのぼみち 家路いえじいそ途中とちゅう
ふとまって しろいきをひとつ
ぼそこえで あなたをんでみる

こうして時々ときどき 一番星いちばんぼし見上みあげて
ひとみらしています
寒空さむぞらした あなたがくれた
やさしさはむねみこみます

サビれてしまっても こわれてしまっても
あなたにもらった 宝物たからものです
何度なんど何度なんど手直てなおしをして
いつもそばにいた あか自転車じてんしゃ

それでもいつかは おわかれしなきゃ
あたらしいだれかを あいするため
見知みしらぬえきりのまま
せつなさこらえて ってゆきます