「あくび」の歌詞 松たか子

1998/3/25 リリース
作詞
松たか子
作曲
武部聡志
文字サイズ
よみがな
hidden
おととい けんかをしたわけなど わすれてる
青空あおぞらくもながつめて 微笑ほほえんだ

昼寝ひるねにあきた午後ごご アナタに電話でんわしよう
おなそら ふと見上みあげた

ホントはあいしてると つたえればいいのに出来できない
みんなそんなふうおも
まよいながらきてる きたばかりのねむいその
そっとこすりながら あくびちいさくする

まどからかぜさそんだら 掃除そうじして
気付きづかないところにあるゴミくず ててゆこう

電球でんきゅうあたらしいのあったっけ? なんとなく贅沢ぜいたく
しずかに ながれる時間じかん

すこたか天井てんじょう とどかないときキミをおも
もうすこしのその距離きょり
あなたがここにいたら もっとしあわせになれるのに
なんだかオカシイ... ほんのささいなこと

ゆめからめたときひかりかんじるその瞬間しゅんかん
かすかにひびいた
あいしてるとえたら あいしてるなんてえないまま
わたし目覚めざめる あくびちいさくして