「イナーシア」の歌詞 松たか子

2007/4/25 リリース
作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋
文字サイズ
よみがな
hidden
ねがいの言葉ことばはいつだって不確ふたしかで
世界せかいまえにあって
いまのぼくにできることをさがして れてゆく

やさしい気持きもちをてないであるくんだね
おもうようにいかないことって
むねなかちいさな一粒ひとつぶ真珠しんじゅをつくってる

かえればそこにはあたたかな笑顔えがおがあるけど
まだなにえずに ただまえ

まらぬように もっとうでをふってあるくんだ
さないように とおくまで とおくまで

出会であいとわかれをおもうからうたうんだね
わかりたくないことだって ときにはある
このこえをどこまでも ぼくはいだいてく

ざわめくまち ひとりきりでおよさかなはぼくだよ
さよならもわずに すれちがってゆく

まらぬように もっとうでをふってあるくんだ
さないように とおくまで

どこまでゆけばいいだろう
どうしてぼくは ずっとねがうんだろう

だれかのこころに ああ とどくまで
とおくまで