1. サクラ・フワリ歌詞

「サクラ・フワリ」の歌詞 松たか子

1998/3/25 リリース
作詞
松たか子
作曲
武部聡志
文字サイズ
よみがな
hidden
どこかどこか
もっととおくへ
きたいそんながして
きみれた指先ゆびさきふわり
はるりてくる
いたいこと
その半分はんぶんさえも
つたえられず
ごした昨日きのう
なのに不思議ふしぎ
ふとこんな気持きもちに
気付きづいてしまう
とてもきだった
おも出作でつくかさねてゆく
今日きょうがあるのなら
いつか又来またく
この場所ばしょかえ
きっとあるはずね
明日違あしたちが世界せかいえる?
はだかわたしのまま
一歩いっぽふみだしたら夜空よぞら
さくらりそそぐよ
こいすることも
自分じぶんだけで勝手かって
むずかしくしてたね きっと
あなたのことを
あぁまえよりもっともっと
ふかわかりたい なのに
わたしこころ れているよ
ながれる景色けしき
素直すなおでいたい
だからいそごう
はじめてのまち
今目指いまめざして
明日あした 明日扉あしたとびらけて
あたらしいたびよう
そして汽車きしゃ
はししたら
ゆめだけをつめてる
どこかどこか
もっととおくへ
きたいそんながして
二人手ふたりてにした
その切符きっぷ
さくらつづくの