「水溜まりの向こう」の歌詞 松たか子

2006/4/26 リリース
作詞
和田唱
作曲
和田唱
文字サイズ
よみがな
hidden
あめがったら 水溜みずたまりにうつる そびえるビルたっ
もしもこうがわ もうひとつの世界せかい あったとするなら

ただひたすらにあるいてきた このみちのりかえまる

水溜みずたまりのこう きっとそこにあるよ
どこかにわすれてきてしまったものが

らずらずのあいだ きずいた自分じぶんらしさ おおくをうしなった
けれど だからこそれたものをちょっと ほこっていいのかも

道路どうろわきの 水弾すいひいてく 車輪しゃりんのようにすすもうと 右足みぎあし

水溜みずたまりのこう ぼくはここにいるよ
きたいところが ここにはあるからさ

にじあめ必要ひつようなように まちにカフェが必要ひつようなように
ぼくはいるんだ だれだっているんだ この世界せかいにね

水溜みずたまりのこう ぼくはここにいるよ
きたいところが ここにはあるからさ

水溜みずたまりのこう ぼくはここにいるよ
きたいところが ここにはあるからさ