「沈丁花」の歌詞 松たか子

2008/6/25 リリース
作詞
松たか子
作曲
日向敏文
文字サイズ
よみがな
hidden
おさないあのころ散歩道さんぽみち
そっと いてた しろ沈丁花ちんちょうげ
なんとなく大人おとなかおりがする
あのしろはなが とてもきでした

公園こうえんには まわる地球ちきゅう
自由じゆうあそんでいた
あのころよりちょっと 臆病おくびょうになった
こんなわたしまもってください

偶然ぐうぜんたどりよるうみ
ぼんやりかんだ ふねをながめてた
ねえわらわないでね そんなことでも
しあわせにおもう ちっぽけなわたし

あなたがっていることと
わたしってること
これからもずっと かちあえたならと
おもうんだ ねえそれでいい?

いつもはえなくて その横顔よこがお
ている一瞬いっしゅんおもうことがあるの
おさなころ映画えいが記憶きおく
何度なんどんでた ちいさな絵本達えほんたち

けんかしても かないのに
感動かんどうすると すぐ
それが宇宙うちゅうでは わずかな時間じかんでも
わたしはこうして きてきました

あのころよりちょっと 臆病おくびょうになった
こんなわたしまもってください