1. ふたり歌詞

「ふたり」の歌詞 (劇場映画「時をかける少女」挿入歌) 松下優也

2010/2/17 リリース
作詞
Juli Shono
作曲
Jin Nakamura
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ きみのことは だれより そう
わかっているつもりでいた
そのこころはなれるわけないんだっておもってた

さよならとげるように きみ
つなぐをゆっくり ほどいていった

きみだけを
おもってるのに くるしいのに
えないまま
いま ふたりは
このおもいを しずかに きしめてる
そっと

もう きずつけても きずついても
そのすべてを はなせなくて
無理むりわらう その笑顔えがお
せつないほど いとしい

しあわせをくれたきみ
せめて 最後さいごくらい なにかをかえしたいのに

かなしみを かくせるほど
大人おとなじゃない つよくもない
さえきれず あふれるおも
なみだにすりわってく
そっと

どうして わかれがこたえなんだろう
どうして きずな途切とぎれてしまうの
うしないたみに こころけてしまいそうだよ
いまきみを...

こんなにも
おもってるのに くるしいのに
えないまま
また ふたりが
えることを どこかでいのるよ
かなしみを かくせるほど
大人おとなじゃない つよくもない
さえきれず あふれるおも
なみだにすりわってく