「Rigel」の歌詞 松下唯

2013/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
星空見上ほしぞらみあげるたびにきみおも

いつもの場所ばしょから
ひか星見ほしみつめてる
その何気なにげない時間じかんしあわかんじて
そっと瞳閉ひとみとじてねがめた

たがいの気持きも今確いまたしかめたくて
素直すなおわたし声届こえとどけたけれど
もうあの言葉ことばけなかった

あおうつくしいほしがきらりとひか
そのせつない景色けしきらし
ふたりのおもよみがえるころに
涙流なみだながすたび あなたおも

ひとりのよるえたなら つよくなれるはずなの
でもあなたの面影おもかげ さが自分じぶん出会であ

ふたりでてたそらつよひかった
あの無数むすう彼方かなたまぬよう
もう手放てばなしたくないからいま

ぐっとにぎった写真しゃしんあなたの笑顔えがお
どれもわすれられずつなめて
ひとつのかたちになるこの瞬間しゅんかん
ずっと永遠えいえんのこせるなら

一番輝いちばんかがやくあなたのほし まわりをらしてるの
つないだ一筋ひとすじから あいかたちえた

一粒ひとつぶかがやきがそらにきらりひか

あおうつくしくひかおもだれよりもかがやいて
つよねがめれば あなたにもとどくから

大切たいせつ一粒ひとつぶにぎりしめて
かざしたおもそらにいまはなつから