「ホントのひかり」の歌詞 (フジテレビ系列 連続ドラマ「鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-」劇中曲) 松下奈緒

2013/10/9 リリース
作詞
川村結花
作曲
川村結花
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもあのとき あめらなかったら
べられた ちいさなカサにさえも 出会であえないまま

もしもあのとき たやすくあるけたなら
べられた あたたかなそのにも 気付きづかないまま

まっすぐすすめなくて 遠回とおまわりをかさねて
やっと たどりついた場所ばしょ地図ちずにはなかったけど

ながしたなみだのしずくも やぶいたゆめのカケラも
なにもかもが ここにつづいてたこと いまわかった
そびえたなが坂道さかみちも みえない明日あした景色けしき
もうこわくない このむねなかに ホントのひかりをつけたから

おもなんて しくはないと
ただかたくなに さびしさをめて けた日々ひび

これ以上いじょう無理むりだと まってはじめて
やっと そのままの素直すなお自分じぶんゆるせたんだ

すれちが人波ひとなみなか何気なにげないだれかの言葉ことば
見逃みのがしてた 大事だいじこたえはいつも そばにあった
るぎないたしかなおもいが えないやさしい記憶きおく
あふれてはるかな未来みらいへ ホントのひかりにつつまれて

ながしたなみだのしずくも やぶいたゆめのカケラも
なにもかもが ここにつづいてたこと いまわかった
そびえたなが坂道さかみちを みえない明日あした景色けしき
あるいてこう このむねなかに ホントのひかりをともしながら