「泣けるほど逢いたい」の歌詞 松下奈緒

2013/10/9 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
ろうとした 人混ひとごみのなか
あなたはがつかない さかのぼってく
夕暮ゆうぐれにとけて ちいさくなる背中せなか
さみしくてえそうよ 交差点こうさてんうえ
ほかだれかを あいするなんて まだ出来できない

あなたがいまとおえる いつかきっとえなくなる
ばしても さけんでも
はなれておぼえたつよがりは こころおくにしまうから
あののように けるほどいたい
けるほどいたい

わらずにいよう」 そんな約束やくそく
うそえてごめんね 電話でんわられず
臆病おくびょうだった そんなわたししかってしい

二人ふたりあるいたこのまちなにもかもちがってえる
らない場所ばしょに いるように
あなたの仕草しぐさたったひとつ おもせなくなるまえ
ねえもう一度いちど やさしさをあつめて
やさしさをあつめて

どうして素直すなおに どうしてもっとはや
どうしてづかなかったの

あなたがいまとおえる いつかきっとえなくなる
ばしても さけんでも
はなれておぼえたつよがりは こころおくにしまうから
あののように けるほどいたい
けるほどいたい