1. カンナ8号線歌詞

「カンナ8号線」の歌詞 松任谷由実

2012/11/20 リリース
作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実
文字サイズ
よみがな
hidden
チェックのシャツがかぜにふくらむ
うしろ姿すがた
なみをバックにきつけたかった
まぶたのおく
それははかない日光写真にっこうしゃしん
せつないかげろう
むねのアルバムじるるの
こわかったずっと
くもかげがあなたを横切よこぎり……
おもにひかれて
ああ ここまでたけれども
あのころの二人ふたりはもうどこにもいない

カンナのはなえてゆれてた
中央分離帯ちゅうおうぶんりたい
どこへこうかちどおしかった
にちよう
いつかさそってむかしのように
わらいころげたい
うらまないのもかわいくないでしょう
だからにせずに
ドアをけてなみをきこうよ……
おもにひかれて
ああ ここまでたけれども
あのころの二人ふたりはもうどこにもいない

おもにひかれて
ああ ここまでたけれども
あのころの二人ふたりはもうどこにもいない
おもにひかれて
ああ ここまでたけれども
あのころの二人ふたりはもうどこにもいない
おもにひかれて
ああ ここまでたけれども
あのころの二人ふたりはもうどこにもいない