「埠頭を渡る風」の歌詞 松任谷由実

1978/10/5 リリース
作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実
文字サイズ
よみがな
hidden
あおいとばりが
みちてにつづいてる
かなしいよる
わたしをとなりにせて
まちあかりは
とおくなびく ほうきぼし
なにもいわずに
わたしのそばにいて
埠頭ふとうわた
かぜたのは
いつか二人ふたり
ただの友達ともだちだった
いまのあなたは
ひとりきずつき
わすれた景色けしき
さがしにここへたの
もう それ以上いじょう
もう それ以上いじょう
やさしくなんて
しなくていいのよ
いつでもつよがる姿すがた
うそになる

セメントんだ
倉庫そうこのかげで
ひざを かかえる
あなたはきゅうおさな
だからみじか
キスをあげるよ
それはくした
写真しゃしんにするみたいに
もう それ以上いじょう
もう それ以上いじょう
やさしくなんて
しなくていいのよ
いつでもつよがる姿すがた
きだから
しろいといき
やみなかえてゆく
こごえるよる
わたしをとなりにせて
ゆるいカーブで
あなたへ たおれてみたら
なにもきかずに
横顔よこがおわらって
あおいとばりが
みちてにつづいてる
かなしいよる
わたしをとなりにせて
まちあかりは
とおくなびくほうきぼし
なにもいわずに
わたしのそばにいて
(ラララ…)