「夜明けの雲」の歌詞 松任谷由実

2013/11/20 リリース
作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実
文字サイズ
よみがな
hidden
薔薇色ばらいろくもが あなたをらして
ふりむけば まるで とおのまま
わたしひとり のこさないで
あてもなくかすれゆく けむりのように

やさしいうそより はげしい真実しんじつ
なぜかしら いつも えらんでいたわ
見守みまもるしか できないよる
こころだけりそって たびしてきた

めぐりめぐる季節きせつ いくつぎていったの
ただひとつのぬくもり なにがあってもさない

ときには素直すなおひとみをのぞいて
うしなったおも とりもどしましょう
銀細工ぎんざいくのフォトフレーム
空映そらうつまどよりも はるかなかげ

めぐりめぐる季節きせつ いくどやってても
このおもいはぬまで あなたさえもせない

めぐりめぐる季節きせつ どこへながれゆくの
ただひとつのともしび なにがあってもさない