1. 最後の春休み歌詞

「最後の春休み」の歌詞 松任谷由実

1979/7/20 リリース
作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実
文字サイズ
よみがな
hidden
春休はるやすみのロッカーしつ
わすれたものを
とりにった
ひっそりとした
なが廊下ろうか
あるいていたら
きたくなった
目立めだたなかった
わたしとなんて
わした言葉ことば
かぞえるほど
アルファベットの
名前順なまえじゅんさえ
あなたは
ひどく はなれてた
もしも できることなら
この場所ばしょおな時間じかん
ずっとずっと
うずくまっていたい
もうすぐべつ
みちある
おもしても
くれないの
たまに電車でんしゃ
があっても
もう制服せいふくじゃない

まどちかくのあなたのつくえ
ひとりほおづえ
ついてみる
ふたを あけると
こんのボタンが
すみのほこりに
まぎれてた
もしも できることなら
この場所ばしょおな時間じかん
ずっとずっと
うずくまっていたい
もうすぐべつ
みちある
おもしても
くれないの
そよ風運かぜはこ
ぎたざわめき
いま春休はるやす
いま春休はるやす
最後さいご春休はるやす