「雨の街を」の歌詞 松任谷由実

1973/11/20 リリース
作詞
荒井由実
作曲
荒井由実
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあけのあめはミルクいろ
しずかなまち
ささやきながら
りてくる 妖精ようせいたちよ
だれかやさしく わたしの
かたいてくれたら
どこまでもとおいところへ
あるいてゆけそう

にわいてるコスモスに
くちづけをして
垣根かきね木戸きどかぎをあけ
おもてたら
あなたのいえまですぐに
おはようをいにゆこう
どこまでもとおいところへ
あるいてゆけそうよ

夜明よあけのそらはブドウいろ
まちのあかりを
ひとつひとつしてゆく
魔法まほうつかいよ
いつかねむをさまし
こんなあさてたら
どこまでもとおいところへ
あるいてゆけそうよ
だれかやさしく わたしの
かたいてくれたら
どこまでもとおいところへ
あるいてゆけそう
だれかやさしく わたしの
かたいてくれたら
どこまでもとおいところへ
あるいてゆけそう
あるいてゆけそう