1. 12月の雨歌詞

「12月の雨」の歌詞 松任谷由実

1974/10/5 リリース
作詞
荒井由実
作曲
荒井由実
文字サイズ
よみがな
hidden
雨音あまおとづいて
おそきたあさ
まだベッドのなか
半分眠はんぶんねむりたい
ストーブをつけたら
くもったガラスまど
のひらでこすると
ぼんやり冬景色ふゆげしき
いまにもあなたが
しろいきをはき
とおりをわたって
この部屋へやがして
ときはいつのにも
親切しんせつ友達ともだち
ぎてゆくきのうを
物語ものがたりにかえる

もうすぐるクリスマス
おもには
またおうとった
もうえないくせに
いまでもうしろを
ふとふりかえれば
あなたがわらって
たってるようながして
ときはいつのにも
親切しんせつ友達ともだち
ぎてゆくきのうを
物語ものがたりにかえる
ときはいつのにも
親切しんせつ友達ともだち
ときはいつのにも
親切しんせつ友達ともだち