1. ひとりの部屋歌詞

「ひとりの部屋」の歌詞 松山千春

1997/8/30 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとりの部屋へや ひざをかかえ
とおゆめあそぶの
いつのまにか なみだあふれ
ぬぐうことも 出来できない

かえらぬ日々ひび なつかしさに
めてみても むなしいだけ
わかいという ときぎて
おもは すべて こころなか

ひとりの部屋へや ひざをかかえ
こえもたてず いたの

あいされたい ひとまえ
素直すなお自分じぶんに なれなかった
なにもかもが かがやいてた
うつくしい日々ひびこころなか

ひとりの部屋へや ひざをかかえ
こえもたてず いたの