1. ふるさと歌詞

「ふるさと」の歌詞 松山千春

1981/9/21 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
喫茶店きっさてん
ほおづえついて
だれつよな
ふりをして
タバコのけむり
にしみただけ
こぼれるなみだ
ぬぐおうともせず
いなかものとは
さとられぬよう
3杯目さんばいめのコーヒー
たのんだ
いくらなんでも
3杯飲さんばいのめば
それもしっかり
みほせば
みせ雰囲気ふんいき
つめたい視線しせん
まずいおも
かみしめて
いやだいやだと
つぶやきながら
ひとなみにのまれる
ゆめならいま
このむねなか
ふかくとじこめたまま
ふかくとじこめたまま
みどり電車でんしゃ
とびのるよう
まちあかり
ともしだす
電車でんしゃまど
いきをふきかけ
ゆびでなぞった
故郷ふるさと
おされて気付きづ
あわててした
ちいさくいた故郷ふるさと
電車でんしゃりて
いつものみち
ひとりトボトボ
あるきだす
しあわせそうな
あかりがもれる
一家団いっかだんらん
わらごえ
さびしくはない
そら見上みあげた
ほしはにじんでかがや
ゆめならいま
このむねなか
ふかくとじこめたまま
ふかくとじこめたまま

いそいでさが
公衆電話こうしゅうでんわ
百円玉ひゃくえんだま
黄色きいろいやつ
こえがきこえる
とうさんかあさん
つよ受話器じゅわき
にぎりしめ
かえりたいさ
いますぐにでも
それがいえずに
それじゃまた
ゆめならいま
このむねなか
ふかくとじこめたまま
ふかくとじこめたまま