1. 七つちがい歌詞

「七つちがい」の歌詞 松山千春

1992/11/21 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
ななつちがいのおまえに こんな あいかんじているなんて
おれもどうかしているね わるゆめならすぐにめとくれ

べつにたいしたことではないと こころ何度なんどもつぶやく
こんなはずじゃなかった おかしい おれもヤキがまわったようだ

こぼれそうな涙浮なみだうかべ おれなにいかけて
りしきるあめなか けていった

れてあるけば腕組うでくみたがる 似合にあいの恋人こいびときどりで
なさけないやらはずかしいやら りあいにはせられない

いつものびをさせてたようだ ごめんよときにはかなしい
つらいおもいもしていたんだろう なのに笑顔えがおでこたえてた

いまおまえをおもうたびに とてもむねがせつなくなる
がつくのがおそすぎた これがあい

ななつちがいのおまえなのに こんな気持きもちにさせるなんて
こころなかでつぶやいた「あいしている…」

ななつちがいのおまえなのに こんな気持きもちにさせるなんて
こころなかでつぶやいた「あいしている…」