1. 崩壊歌詞

「崩壊」の歌詞 松山千春

2010/5/12 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
このくにこわれてく このくにこわれてく
みんなだれ気付きづいて いるはずなのになさ
まずしさのなかでなら このくにいた
みんなりょくわせて 必死ひっしびて
ほんのすこしのゆたかさのために
我々われわれなにしたのだろう
とりかえしのつかないものならば
とりかえしのつかないものでしょう

このくにくずれてく このくにくずれてく
みんな目的もくてきがバラバラで はきちがえた個人こじん主義しゅぎ
ひもじさのなかでなら このくに頑張がんばった
みんな自分じぶんじないよう 勤労きんろう意欲いよくにもえていた
権力けんりょくかねのうまった
ひとにぎりの奴等やつららされて
なにいかりもかんじないのなら
なにいかりもたないのでしょう

でもおれくろいうちは
んでもんでもにきれやしない
奴等やつら道連みちづれにしてでも
とう世間せけんにしたいものだ

このくにすくえるか このくにすくえるか
日本にっぽんというこのくに永遠えいえん不滅ふめつだろうか
いやしさがいた このくにまもれるか
正義せいぎという言葉ことばは そのうちよみがえるのだろうか
いもわかきもおんな子供達こどもたち
自分自身じぶんじしんもどこと出来できるのか
なんのぞみもたないのなら
なんのぞみもかなわないのでしょう

でもおれもそんなにながくない
どうせそのうちんでだし
奴等やつらにひとあわふかせるため
この生命いのち使つかってもらえないだろうか
この生命いのち使つかってもらえないだろうか
どうか この生命いのち使つかってもらえないだろうか