「燃える日々」の歌詞 松山千春

1992/11/21 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
ささいなことに なみだかべ 貴方あなたすここまらせて
あまえたはずの わたしがいつも あやまっていた あのころ

だれもが二人ふたり似合にあいだねと ひやかされては れていた
わかすぎたとは おもわないけど あいしすぎたら かなしくて

もしもわたし青春せいしゅんべる 季節きせつがあると したならそれは
貴方あなた二人ふたり かたせあい あいそだてた える日々ひび

あれから幾度いくど ほかのだれかを きになろうと 無理むりをして
ひとりになると とてもこわくて むしなのは かわらない

ねがだれわらわないでね いまでもこんな おもいでいると
もどることなど できないだから わすれたくない える日々ひび

もしもわたし青春せいしゅんべる 季節きせつがあると したならそれは
貴方あなた二人ふたり かたせあい あいそだてた える日々ひび