1. 良生ちゃんとポプラ並木歌詞

「良生ちゃんとポプラ並木」の歌詞 松山千春

1978/10/21 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
はる細道ほそみちポプラ並木なみき
良生よしおちゃんと学校がっこうかえ
良生よしおちゃんはあしなが
ぼくはいつでも小走こばしりだ
はるのやさしい日差ひざしをびて
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの

なつはかげろう ポプラ並木なみき
みんなあつまりチャンバラごっこ
良生よしおちゃんは正義せいぎ味方みかた
ぼく悪役あくやく られやく
なつ日差ひざしにかげろうれて
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの

あき夕暮ゆうぐれ ポプラ並木なみき
ながかげはアベック・コース
良生よしおちゃんは女連おんなづれで
ぼく一人ひとりでいじけるばかり
あき木枯こがらしこごえるように
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの

ふゆ初雪はつゆき ポプラ並木なみき
しばれた身体からだ まるめるように
良生よしおちゃんはスケート選手せんしゅ
ぼく補欠ほけつのまた補欠ほけつ
ふゆ一面いちめん銀世界ぎんせかい
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの

あれからすでに 十年じゅうねんぎて
良生よしおちゃんは結婚けっこんをして
かぜ便たよりにいたはなしじゃ
おとこまれたそうだ

いつもぼくらを見守みまもるように
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの

いつもぼくらを見守みまもるように
ポプラ並木なみき背伸せの背伸せの