「街の灯り」の歌詞 松山千春

1989/11/28 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
文字サイズ
よみがな
hidden
まちあかりをとおくにつめ
何度なんどでも何度なんどでもやりなおせるわ
そんなおまえ無邪気むじゃきこえ
じてこみげるなみだめた
はなしたくないはなれたくない
あいたよりにきてみようかなにもかもをかけて

たのしいだけの毎日まいにちなんて
つまらないありえないゆめのおはなし
そんなおまえのあどけないかお
ひとすじのあざやかななみだがつたう
まちあかりよにじむあかりよ
どうかこのまま二人ふたりあいやさしく見守みまもって

まちあかりよにじむあかりよ
どうかこのまま二人ふたりあいやさしく見守みまもって