「冬の灯」の歌詞 松本孝弘

1999/4/14 リリース
作詞
TAK MATSUMOTO
作曲
TAK MATSUMOTO
文字サイズ
よみがな
hidden
しずかにゆきは あなたのふかかなしみ
いてはせるなみぼく曖昧あいまいおも

なにもかもめて つかんだこのこい
何故なぜ ぼくわっていく

ふたりなら永遠えいえんいていけると
しんじてたのは あなただけじゃない
こころから「きです」と つたえられるかい?
おもいでにわってしまう…

時折ときおり ぎる汽車きしゃは あなたのまちくのだろう
元気げんきにしていますか? たまにはテレビますか?

ここからの風景ふうけいが とてもきで
またひとりでています

ふたりなら永遠えいえんいていけると
しんじてたのは あなただけじゃない
った ふゆともしびうつくしく
ともることは もうないんだね

ふたりなら永遠えいえんいていけると
しんじてたのは あなただけじゃない
ほんのちいさなすれちがいさえ ゆるせなかった
しばられて 微笑ほほえんで くるしくて いてた

あなたはいまどこでどうしてるの?
辿たどるものは もうなにもないよ
さよならもわないままはなれたけど
いま あなたが しあわせならかまわない

あなたが しあわせならかまわない