「SAKURA」の歌詞 松本孝弘

1999/4/14 リリース
作詞
TAK MATSUMOTO
作曲
TAK MATSUMOTO
文字サイズ
よみがな
hidden
日々ひびおだやかに
あいはささやく
れる未来みらいなか
きみはもういない

きでいることに うたがいもなく
ゆめないように

SAKURA季節きせつでした
寛容かんようというのは えることなの?
たされてると しんじてた
ぼくいまも くりかえす

はるかぜ やわらかく
きみはささやく
かえりたくはないと
あるきはじめた

ただそばにいるだけで なにないで
ゆめかないで

うまれわれたとしたら
きみとふたり きてゆきたい
気付きづかないふりしていた
あい言葉ことばにできなかった

SAKURA季節きせつでした
寛容かんようというのは ゆたかさ やさしさ
うまれわれたとしても
きみとふたり きてゆきたい
めぐるおもいは はかなくも
さくらのようなひとでした