「ままならない風が吹く」の歌詞 松村雄基

2008/1/23 リリース
作詞
内藤綾子
作曲
水谷公生
文字サイズ
よみがな
hidden
何処どこまでも つづいてる
何処どこまでも わりあたらない
これから つける 足跡あしあと

鉄棒てつぼうに ぶらがり
逆様さかさまおれ
ているおまえ
不思議ふしぎ出会であいさ

別々べつべつこいをして
別々べつべつきずついた
そんなとき 偶然ぐうぜん
かれうなんて

ままならない
かぜく だから
些細ささいなことにでも
ゆめをみることが出来でき

ままならない
かなしみあるから
あたらしいよろこ
かんじるのかもしれない
だれ

とどかない 遠過とおすぎて
とどかない ほしのぬくもりには
幼心おさなごころおもった

大人おとななら ほしいもの
おもうまま なかはいると
しんじていたけど

とりあえず うなずいて
とりあえず たしてく
退屈たいくつに なりそうさ
いいだけの 日々ひび

ままならない
かぜく だから
おなあやまちなど
してはいけないと気付きづ

ままならない
やぶれたのぞみを
あきらめきれなくて
いまがあるかもしれない
おれ

ままならない
かぜく だから
ころがるいしころさ
まるで きてゆくことは

ままならない
かぜく だから
だれにもわからない
わかれや 出会であいがあるさ
ひと