「渡良瀬橋」の歌詞 松浦亜弥

2004/10/20 リリース
作詞
森高千里
作曲
斉藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
渡良瀬橋わたらせばし夕日ゆうひを あなたは とてもきだったわ

きれいなとこでそだったね ここにみたいとった
電車でんしゃにゆられ このまちまであなたはいにてくれたわ
わたしいまも あのころわすれられずきてます

いまでも 八雲神社やぐもじんじゃへおまいりすると あなたのこといのるわ
ねがごと ひとかなうなら あのころもどりたい

床屋とこやかどにポツンとある 公衆電話こうしゅうでんわおぼえてますか
きのうおもわずかけたくて なんども受話器じゅわきとったの

この間渡良瀬川あいだわたらせがわ河原かわらりてずっとながてたわ
北風きたかぜがとてもつめたくて 風邪かぜをひいちゃいました

だれのせいでもない あなたがこのまち
らせないことわかってたの
なんどもなやんだわ だけどわたしここを
はなれてらすこと出来できない

あなたがきだとったこの街並まちなみが
今日きょうれてゆきます
ひろそらとおくの山々やまやま 二人ふたりあるいたまち
夕日ゆうひがきれいなまち