「砂を噛むように…NAMIDA」の歌詞 松浦亜弥

2007/10/10 リリース
作詞
森村メラ
作曲
Joey Carbone,Kyoko Nitta
文字サイズ
よみがな
hidden
あめ明日あすかっていそあし ひきとめる
わすものなら わすれたままといてきたのに
そらながすなみだが 時計とけいはり日付ひづけ
あなたと出会であごした日々ひびこころだけかえした

約束やくそくならまだおぼえてる くモノは何故なぜ いつもいとしい

はやすぎたこいでした きずつけあってばっかりで
なみだあめようはげしくまない
あのひらからとおはな気付きづきました

現在いまたずねないでよ ほかのだれのことも
っているでしょ? うそをつくのはあまり上手じょうずじゃない

はなしのひとはいるけど むねうごかすような気持きもちになれない

はやすぎたこいでしか たしかめられないものが
あるから不思議ふしぎなの いまいとおしい
記憶きおくなか調しらべ なくしたのは 貴方あなたでした

あざやかだった 記憶きおくいろとき経過けいかともあわ

大好だいすきなこいでした 大好だいすきなひとでした
だけどすなむように 目醒めざめのベルがなる
もどらなくちゃ わたしはいまあるいてるの
あなたのことむねいだわらいながら