「す・ず・し・い・あ・な・た」の歌詞 松田聖子

1985/6/5 リリース
作詞
銀色夏生
作曲
甲斐祥弘
文字サイズ
よみがな
hidden
ha ha ライトをしてあさまでいよう
ha ha ウソだよ いじめてみたかっただけ

みなとのみえる公園こうえんは こわれそうな恋人こいびとたち
まるでときめるようにほそかたをよせてある
ああ なみおとくと なぜかたおれそうになる

わかれたあのとまだつきあってる
あなたの秘密ひみつはわたしの秘密ひみつ
どうするつもり

ha ha あなたはいつでもとおくをみてる
ha ha わたしはあなたにひきずられてる

からみつく視線しせんをさけてためいきみさきへでたら
ふるようなほしのあかりにおぼれた二人ふたりだったね
ああ このまま さよならにつづくのかもしれない

つめったひとみおく
あのときふたりはあいめたはず
いて わたし つらいわ

あなたをてきれない
いますぐきしめたい

こいのイメージがわるわ かなしみをるたびに
人混ひとごみにまけそうよ 街路樹がいろじゅをぬいながら
ああをひいていて かえみちがわからない

ひとのうわさも もうきあきて
あとはあなたの気分きぶんしだいよ
すずしいキスね

ha ha 黄昏たそがれのベルにまよってしまう
ha ha ひとりになれないあなたがわる
ha ha あいしたぶんだけ夜明よあけがちか
ha ha ひとりになれないわたしもわる
ha ha ライトをして あさまでいよう
ha ha ウソだよ いじめてみたかっただけ
ha ha あなたはいつでもとおくをみてる
ha ha わたしはあなたにまきこまれてる