1. Vacancy歌詞

「Vacancy」の歌詞 松田聖子

1985/6/5 リリース
作詞
銀色夏生
作曲
原田真二
文字サイズ
よみがな
hidden
なにもかもダメですね
にしてばかりで
ここまでこられてしあわせなはずなのに

炭酸たんさんにストローふざけてわらってる
をふるテラスの横顔よこがおがまぶしいわ

ゆびを そっとのばしたら
このこいえるのね
銀河ぎんがをわたるかぜのように
あなたはすりぬけてしまう

むぎわらを片手かたてねむったふりしてる
さっきからんでるの ねえなみがたかすぎて
すこしこわい

だれのものにもならないの?
あなたはやさしいわ
づかれないように夜明よあまえ
部屋へやから ぬけだすのはなぜ

しずかなクロール
リーフがひかってる
みかけのほん砂浜すなはまになげだして

このつぎ約束やくそくこまったかおしたの
夕日ゆうひ反射はんしゃがまぶしかったせいでしょ